<外食向け講師派遣>アレルギー対応を安全に行うためには?

当法人では外食企業を対象とした講師派遣を行っております。昨今は食物アレルギーの増加に伴いアレルギー対応の社会的ニーズが高まってきていますが、アレルギー対応は外食企業にとってリスクが高い領域です。どんなに丁寧な対応・対策をしたとしても「完璧な対応(リスクがゼロとなること)」はありえません。

そこで、当法人では「アレルギー対応はリスクがゼロになることはありえない」という前提で、どうしたら外食企業、食物アレルギーがある人双方の安全と安心をつくることができるかをお伝えしています。

■講演評価のご紹介【第20回ORA(一般社団法人大阪外食産業協会)危機管理事例発表大会アンケートより】
●基調講演『外食産業における食物アレルギー対応のあり方』について
大変参考になった:98
少しは参考になった:18
余り参考にならなかった:2
全く参考にならなかった:0
無回答:6

●参考になった内容、参考にならなかった内容をお書きください。
・食物アレルギー患者の90%の方が外食を利用しアレルギーのことを伝えておらず、58%が外食で発症している。リスクを負って自己責任で外食を利用されていることに驚いた(24 名)
・食物アレルギーの子供の日常生活の大変さや患者の具体的な実体験を聞けて参考になった(18 名)
・食物アレルギー患者の方がそのことを伝えやすい環境やコミュニケーションが大切だと感じた(12 名)
・食物アレルギーの知識がないことで命に関わる重大事故につながるので、飲食店での食物アレルギー対応の重要性を実感した(10 名)
・サービスを優先するより、事実を正確に伝えて出来ないことは出来ないとはっきり言うことの大切さ(8 名)
・食べるだけでなく肌に触れただけで発症しどのような症状(アナフィラキシー等)が起こるかわかった(5 名)
・正確な行動でアレルギー患者の方にも安心して外食を楽しんでもらえるように取り組みたい(4名)
・食物アレルギーに対する意識がまだまだ低いので情報共有していきたい(3 名)
・店頭で「食物アレルギーに関してお問い合わせください」表示は、直ぐに取り組める事例(2 名)
・アレルギー対応を中途半端にしてはいけない。店舗では対応しないという選択肢もある(2 名)
・自店では7品目をよく使うので対応を考えたい
・7大アレルギー20 品目以外のアレルギーを持っている方が多いこと
・会社で食物アレルギーに対して何が出来るのかをしっかり考えていきたい
・経口負荷テスト等の実例を聞き、外食事業者として考えさせられた
・原因食品、バラ科の果物の話が参考になった
・大人にも食物アレルギーが拡がっていること
・小中髙のアレルギー患者数も増加傾向にある

<障害者施設との連携>障害者施設deアレルギー対応食品製造販売プロジェクト

食物アレルギー配慮・対応食品の普及を目指し、障害者施設へのアドバイス・レシピ提供等を行っています。

このプロジェクトは、食品企業とのプロジェクトをいくつか経験したことから始まりました。

食品企業にとって食物アレルギーがある人を対象とした食品製造はリスクが高く、かつマーケットが小さいため、プロジェクトがスタートすることにすら高い壁が立ちはだかります。また、企業にとっては採算が合わない商品は終了する可能性が高く、このままでは多様なアレルギー配慮・対応食品を世の中に増やすことが難しいと感じました。

そこで、障害者施設へのアドバイス・レシピ提供を始めました。

「小さな工場で、必要とする人に、必要とされる数を届けられれば良いのではないか?」という考えのもと、プロの料理人やパティシエと連携しアドバイスを行っています。そして、高単価小ロットのアレルギー対応食品の特性を活かし、障害がある人たちの工賃向上につなげることを目的にしています。